法人研修会のお知らせ

「助けて・・・」と言える地域社会とは?

~「小林さゆりさんを招いて、意思決定支援を軸に、支援者がつながり、どう制度やサービスを本人主体で利用するか」について考える~

 

ALSの当事者である小林さゆりさんと彼女を支える支援者をお迎えし、お話を聞き語ることで、「助けて・・・」と言いやすい地域作りについても考えていただけるきっかけになる研修会を企画しました。

広く参加していただきますよう、ご案内いたします。

 

日時:H31年3月9日(土) 受付13:10~  開会13:30~16:00

場所:柳原公民館(長野市大字小島804-5  026-296-8540)

対象者:医療・福祉・介護・行政 等で働く専門職、民生児童委員 等

会場規模:100名(6×12グループ)

参加費:一般参加1000円(当日会場支払)、Mねっと会員(賛助会員を含む)は無料

プログラム

 ①基調講演 小林さゆりさん、吉村さん  山本恭子弁護士

 ②パネルデイスカッション

司会:清水厚子 氏(社会福祉士)

パネラー:吉村まき 氏(重度訪問介護事業所・ヘルパーコーデイネーター)

高橋徹也 氏(相談支援事業所・社会福祉士)

山田和美 氏(介護支援専門員・看護師)

藤沢英一 氏(生活保護ケースワーカー)

山本恭子 氏(弁護士)

 ③グループワーク

テーマ「助けて・・・と言える地域社会」についてグループワークを行い、「本人主体の支援」について意見交換し、互いの専門性と           役割、利用できる制度、サービス、つながり方について考える。

「助けて・・・」と言える地域社会とは? チラシ   申込書

 

 

参加申込みは電話またはFAXにて、お申込みください。

TEL:0269-26-2266

FAX:0269-38-1007